? お役立ち労務コンテンツ – フードビジネス人事労務総合研究所 【飲食業の相談窓口】 人材採用/定着支援・助成金申請代行・給与計算/保険手続事務

お役立ち労務コンテンツ

  • HOME »
  • お役立ち労務コンテンツ

文書作成日:2019/08/20

育児や介護等で退職した従業員を再雇用した際に支給される助成金

 妊娠、出産、育児、介護等を理由として、一度退職した従業員を、その後、同じ職場で雇入れるケースがあります。このように従業員を再雇用した際に活用できる助成金として、両立支援等助成金(再雇用者評価処遇コース)があり、厚生労働省はこの助成金を「カムバック支援助成金」として案内をしています。人材不足の中、この動きは加速すると予想されますので、今回はこの助成金の概要をとりあげます。

1.支給要件
 この助成金は、妊娠、出産、育児、介護または配偶者の転勤等(配偶者の転居を伴う転職も含む)を理由とした退職者を再雇用するときに、事業主に支給されるものです。受給の前提としては、再雇用制度を労働協約または就業規則に定める必要があり、具体的には、再雇用の際、退職前の勤務実績等を評価し、処遇の決定に反映させることを再雇用制度として明記しておく必要があります。すでに再雇用制度を設けている場合であっても、今回の支給要件に沿った制度内容に改正すれば対象になるとされていますが、改正日以降の再雇用が助成金の対象となります。
 再雇用者の対象となる従業員は、支給対象事業主または関連事業主(※)の事業所を退職した日の前日において、雇用保険被保険者として継続して雇用されていた期間が1年以上あることが必要になります。その上で、再雇用日において、退職日の翌日から起算して離職後1年以上経過しており、無期雇用者として6ヶ月以上継続雇用していることが必要です。さらに、支給申請日においても雇用していることが必要になります。
 その際、当初、有期契約労働者として再雇用した場合であっても、無期雇用契約を締結後、6ヶ月以上継続して雇用すれば対象となります。その他、細かな要件が設けられていますので、活用にあたっては事前に確認しておきましょう。
※関連事業主とは、人事、雇用管理等の状況から見て支給対象事業主と密接な関係にある事業主をいいます。

2.支給額
 下表の額が、期間の定めのない雇用契約締結後、継続雇用6ヶ月後、1年後の2回に分けて半額ずつ支給されます。

 受給するためには、それぞれ支給申請が必要であり、1回目は継続雇用6ヶ月後の翌日から2ヶ月以内、2回目は1年後の翌日から2ヶ月以内となっています。

 特に介護については、介護離職の防止に向けた対策が講じられていますが、今後、退職せざるを得ない従業員も一定数出てくることが予想されます。そのため、今回のような再雇用制度の受け皿と助成金の活用を検討してみてもよいでしょう。

■参考リンク
厚生労働省「事業主の方への給付金のご案内」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/shokuba_kosodate/ryouritsu01/


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。




改めて確認したい管理監督者の労働時間の把握義務と割増賃金の支払い2019/08/13
確認の徹底が求められる育児休業の延長・再延長の申出理由2019/08/06
改めて確認したい休憩時間の基礎知識2019/07/30
口座振替により納付できる労働保険料2019/07/23
増加を続け、深刻さが増す「いじめ・嫌がらせ」の相談件数2019/07/16
ハローワークを通じた障害者の就職件数が10年連続で前年を更新2019/07/09
本格的な夏到来!熱中症の予防対策2019/07/02
治療と仕事の両立支援を行う際に活用できる助成金2019/06/25
電子申請で行うことが義務化される大企業の社会保険手続き2019/06/18
社会保険の添付書類の廃止や署名・押印の省略の動き2019/06/11
年休を前倒しで付与した場合に適用できる特例2019/06/04
2019年4月よりスタートした国民年金の産前産後期間の保険料免除制度とは2019/05/28
半日単位の年休を導入する際の留意点2019/05/21
3歳までの子どもの養育期間中に利用できる厚生年金保険の特例措置2019/05/14
障害者雇用 雇用人数・実雇用率ともに過去最高を更新2019/05/07
採用リスクを軽減するための試用期間の設定とその運用2019/04/30
年次有給休暇管理簿を作成する際の留意点2019/04/23
定年再雇用時等に社会保険料の負担を軽減できる同日得喪の手続き2019/04/16
4月より電子メール等での労働条件の明示が可能になりました2019/04/09
パートが年休を取得した場合の賃金支払いにおける留意点2019/04/02
産業医に提供が求められる従業員の健康管理等に必要な情報2019/03/26
確認しておきたい平成31年度の社会保険料率2019/03/19
産休中の社会保険料免除と期間の変更手続き2019/03/12
医師の面接指導の対象者拡大と求められる労働時間の状況の適正な把握2019/03/05
2019年4月より簡素化される一括有期事業の事務手続き2019/02/26
従業員が退職するときの申出時期と年休の取得2019/02/19
1月より変更となった労働者死傷病報告の様式2019/02/12
被扶養者資格の再確認の結果とこれからの時期に取り組みたいアクション2019/02/05
年5日の年次有給休暇の取得義務に向けた実務上の注意点2019/01/29
厳格化される過半数代表者を選任する際の注意点2019/01/22
厚労省が実施した「過重労働解消相談ダイヤル」の相談内容は「長時間・過重労働」が4割2019/01/15
平成30年の大卒初任給は206,700円2019/01/08
今春よりスタートする時間外労働の上限規制への実務対応2019/01/01
10月1日からマイナポータルで作成が可能となった就労証明書2018/12/25
割増賃金率の就業規則への記載と、近年行われた法改正と就業規則の整備2018/12/18
育児短時間勤務制度を導入・運用する際のポイント2018/12/11
増加の一途をたどる65歳以上の常用労働者2018/12/04
新卒者が3年以内で会社を辞める割合は高卒で4割、大卒で3割2018/11/27
2018年10月より雇用関係助成金に関する書類が郵送で受け付けられるようになりました2018/11/20
年次有給休暇の平均取得日数は9.3日2018/11/13
2019年4月から基準が変更される医師の面接指導2018/11/06
電子メール等の利用も可能となる労働条件の明示2018/10/30
雇用継続給付の申請において被保険者の署名が省略できることとなりました2018/10/23
厳格化された協会けんぽの被扶養者認定の事務手続き2018/10/16
11月に実施される過重労働解消キャンペーン2018/10/09
2019年4月より新しい様式となる36協定届2018/10/02
労基署監督指導により支払われた割増賃金支払額は過去10年で最高の446億円2018/09/25
今年度も大幅な引上げとなった地域別最低賃金2018/09/18
7割で労働基準関係法令違反がみられた労働基準監督署の監督指導2018/09/11
慶弔休暇など特別休暇のルールを定める上でのポイント2018/09/04
半数程度に留まるマタハラ防止対策実施企業2018/08/28

お問い合わせ受付中! TEL 06-7162-7594 電話受付時間 10:00~17:00

弊所顧問          「澤 登」先生のご紹介

トップ用画像(プライバシー)
NHK総合テレビバラエティー生活笑百科(毎週土曜お昼放送)にご出演されている、
澤 登(さわのぼる)先生に、
この度、弊所の顧問をお願いすることになりました。
法務面でますます手厚くサポートが可能となった弊所に、今後もご期待ください。
SRP2認証マーク

主な業務対応地域

全国(北海道から沖縄まで)

関西地区(兵庫・大阪・京都

奈良・和歌山・滋賀)以外は

初回訪問時から交通費を頂戴

いたします。

PAGETOP